神戸市立博物館で開催【ミイラ展】3つしてみた。いつもと違うこと。 と、ミイラ展の感想

広告ミイラ展 お出掛け

始まりました。
神戸でのミイラ展。
開催期間は2022年 2/5~5/8
開催場所は 神戸市立博物館
神戸三ノ宮の西口から出ると近いです。
10分少々。
わからなくて中央口から出てしまい遠く感じた。

今回はいつもと違うことを3つしてきました。

いつもと違うこと

休みの日の午前中に行ってみた。

いつもは平日の夕方に行っている○○展。
すいていてゆっくり見ることができる。
今回は休日がどのくらい人がいるのか?見やすいのか?知りたくて休日に出かけてみた。
結論。
前が見えないほどや、昔の上野のパンダほどの混み状態ではないが、人が展示物の周りにいるので展示物と隣の解説を一度に読みにくいことが多々あり。
やはり平日の夕方が好き

年間パスポートみたいなやつ買ってみた。

今回も来場予約をネットでするのをすすめられる。
子供は小学生なのでチケット購入なしで予約のみで可。
一方、大人はチケット購入と予約一緒のようになっていて。
その日に行けるかどうかわからない。
さて、どう予約しようか迷っていると。

「ミュージアムカード」なるものを発見。

ミュージアムカードは神戸市立博物館で開催するすべての展覧会を何度でも見ることができる年間パスポートみたいなものです。とある。
博物館に関心のある方が気軽に立ち寄り教養を高めてもらうことが目的のようだ。
料金:一般  3,000円
   大学生 1,500円

これがあれば予約だけして入り口でこのカードを見せればいいらしい。

これは興味深々。
1年の間に行きたい展示会はないかな。
と調べてみると、7月から9月にスコットランド国立美術館展あり。

購入を決めた。

今回は二人予約のみして現地で私のミュージアムカードを購入しました。

展示館の入り口で購入できます。

有効期限は発行日の翌月1日から一年間
「その間、お気に入りの展覧会があったら何回でも来てくださいね」
っと言われた。
近ければそうしたい。

博物館の中にあるレストランで食べてみた。

ちょうど終わった時間がお昼。
神戸三宮に行けばおいしいところがたくさんありそうだった。
が、昼から用事があったので、館内のレストランへ。

子供はビーフシチュー

ビーフシチュー


親はサンドイッチ。

ランチのメニューがこの2つってのが残念。

この量のビーフシチュー、サンドイッチ、ちょっとお高い気はしたが、
ビーフシチューは神戸っぽい味。
子供は「おいしい、おいしい」と言いながらペロリと一人前食べてました。
そのうえ、サンドイッチにも手を出された。
サンドイッチは卵が分厚く食べ答えありで、結果、おいしかったので満足。

大人の男の人には量が少ないかな。

半券10%off


チケット見せると10%offに。
ちょっとお得。

ミイラ展の感想

今回のミイラ展どこからきた?

大英博物館所蔵。
イギリスからはるばるやってきました。
今の時期、こちらから海外に行けないので海外から来てくれるのがありがたい。

予約しないと入れない?

そんなことはないですが。
来場者がそんなに多くなければ、予約なしでもすぐに入れる。
しかし、休日やこれから暖かい季節になりお出かけシーズンになると予約がないと少し不安かも。
予約優先。っていたるところに書いていた。
またまた、ネットで予約

イーテックスオンラインチケット

メールアドレスなど入力し申し込むを押す。
そのあとそのメールアドレスにQRコードが入ったメールが届く。
それ持って会場に。


ネット頑張らないといけないのがつらい。

いざ、展示室へ

音声ガイドは声優さんでした。
私の知らない人だった(ごめんなさい)ので今回は子供だけ購入。
大人600円で高校生以下550円

ミイラ展のコンセプトは
「6体のミイラの6つの物語」
と、あるように、ミイラになった人がどんな人だったかどんな生活を送っていたかを解明するような映像や展示がされていた。

ところどころにかいけつゾロリのクイズが。

ミイラの横には映像があり、解説が流れていたのですが、人が多かったのと、実物見たい派なのでその映像はほとんど見ないで展示物ばかり見てました。

布でぐるぐるにまかれたミイラは、以前、エジプト展で間近で見ていたため感動薄し。
でも子供のミイラは珍しかったな。

、一体だけかなり鮮やかなものがあり見入ってしまった。
絵も色も昔のと思えないほど色あせていない。

全体的に、生活がわかる化粧の道具やアクセサリーなどが多かった。

「化粧してたのね」
と子供に話したら
「そういえばクレオパトラ目にたくさん化粧してる」
って言われてた。
ほんとにあんな感じなんかな?

いつものようにカノポス壺もあり。
ジェドバステトイウエファンクのカノポス壺がちょっと大きめに感じられたな。
発掘したときなんかの箱に入っていたの?
プチプチ巻いていたの?
って思うほど4壺の顔がきれいに残ってる。

最後のコーナーでは、発掘現場を再現したコーナー
想像力を掻き立てられる演出。
子供はここも印象に残ったらしい。

お土産では大英博物館でも売っているアヒルちゃんも販売してた。

写真OK?

国立ベルリン・エジプト博物館所蔵(京都)では写真OK
ライデン国立古代博物館所蔵のエジプト展(神戸)では写真NG


大英博物館ミイラ展(神戸)では一部写真OK。

カオ


一部なので気を付けて。

写真OK地図

まとめ

何度もエジプト展に行っているため、だんだんと感動が薄くなってしまっていますが、見どころを変えながら開かれる○○展は、それぞれに趣向を凝らされていて面白い。
このミイラ展は5月まで開催。
春になり、気候が良くなってからでも、神戸観光もかねて行ってみてはいかがですか?
ミュージアムカード買ったから平日ふらっと行ってみようかな。
今度はじっくり映像見ながら鑑賞してみるものありだな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お出掛け
ゆりをフォローする
子育てぽーと

コメント

タイトルとURLをコピーしました