大阪ー岡山の帰省に(e5489専用)こだま指定席きっぷ予約の注意点3つ。追加2つ

新幹線 お出掛け

中一のお子様を持つお母さま。
もう、JRは子供料金ではありません。

12月も半ばを過ぎましたね。
そろそろ年末です。

今年は、気をつけながら実家に帰れそうかな。っと。
そこで、新幹線の予約をしなくちゃなあって気が付いたのですが子供が中学生になってた!
ってことは、大人料金。
ん-、まあまあかかるな。っと思っていたらお友達のお母さんが
「実家に帰るために早割こだまとったよ。」
と教えてくれた。

今回はその早割こだまのおはなし。

予約して発券までオロオロしたので忘れないようにメモメモしときます。

予約したのは、e5489専用こだま指定席きっぷ

e5489(いいごよやく)はインターネットで切符を予約するシステムです。
その予約したものを指定の時間までに窓口で支払いすると発券してくれます。

JRおでかけネットのとくとくきっぷするから(2023/11/11現在はこちらのサイトではありません)

こちらです。

JRおでかけネット のこだま指定席切符(2023/11/11現在金額も変わってます。)

使えるのはいつでも。
席があれば乗車日の一か月前から一日前まで予約可。

年末年始も使えるのはうれしい。

こだまもしくは一部のひかりに対応

大阪ー岡山(所要時間) 

「のぞみ」なら      50分くらい
「こだま」か「ひかり」なら70分から80分

大阪ー岡山(大体の料金)

普通にのぞみの指定を買ったら 6,350円
こだま指定席きっぷ      3,870円

注意点3つ追加2つ

会員登録必須

予約するには初めに JR Club J-westのネット会員にならなければなりません。

「メールアドレス登録してパスワード決めて」
とはじめは少し手間がかかります。

発駅と着駅がある程度決まっているので確認が必要。

大阪市内発は7か所くらい着駅があるけど、相生発は着駅一つ!
発着は大阪から西の駅です。

駅支払いにした場合

期限日までに支払いしなければならない。
コンビニ払いや金融機関支払いでも同じ。

(私がPCで予約し、駅払いにしたのでその時の注意点)

支払いできる駅が限られる。注意。

駅払いにした場合、駅の窓口支払いではできません
券売機での支払いです。

予約した時に作られたQRコードをもっていきます。
印刷できればそれを持っていきましょう。
私は写メでいいかと思って写メにしました。
駅の券売機で写メのQRコードをかざすときそのままの大きさでかざすとOKでしたが
びよーんと拡大すると読み取れませんでした。注意。

駅の券売機で予約番号や電話番号を入力するのですが、
電話番号は下4桁ではなくはじめからなので注意。

予約できるのは二人以上の時

親一人でフラット実家に帰ろうとこだま指定席予約を取ろうとしたら取れなかった。
なんで?
と調べてみると、2人以上の時から予約できることが確認された。
初めに書いてあったのに忘れてた。

大人一人はやっぱり普通料金。
いいけどさ。
ふらっと時間気にしなくて帰れるから。

前日まで予約できるが前日予約はカード決済のみ

さてさて出発日の3日前に予約できたチケットですが、毎回、駅支払いにしています。
支払い期日が翌日の出発日2日前でした。

すっかり忘れて23:30。
駅の機械はもう終わっています。
自動キャンセルになりました。

その翌日出発日の前日。
予約できるのですが駅支払いはできません。
よく見るとカード決済のみでした。

カード決済したくない方お気を付けください。

会員登録しておくと何かと使えそう。

e5489はこだま指定席きっぷ以外にも「おとなび」にも使えるらしい。

50歳以上の方がお得ですサービスのよう。

一度使い方をしっかり勉強しなくては。

まとめ

大体、ネットで購入する時はカード支払いのためカード情報を入力します。
が、e5489は駅の券売機でカード支払いできるので、ネットで購入したくない層にはいい。

駅の駅員さんではあまり対応できないシステムらしかった。
が、一緒にやってみましょうかと言いながら一緒に支払い方法教えてくれた。
有難かった。

時間は短いものの、変更はきかないものの、安くとれたのがよかった。
年末年始は混むので少し時間かかっても指定席取れて座れる方が安心。

帰省ではなく旅行ならセットがお得かも

セットでお得!日本旅行の「新幹線+宿泊」セットプラン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お出掛け
ゆりをフォローする
子育てぽーと

コメント

タイトルとURLをコピーしました