子育て一段落したママの服えらびの強い味方

マネキン 生活

□子育てがひと段落してタンスをあけると面白くない
□昔を思い出して服を選ぶとおばさん体形になっているので似合わない
□久しぶりに若かりし頃の服を引っ張り出しておめかししようと思うとサイズが合わない

アラフィフ&専業主婦&高齢出産のママあるあるではないでしょうか?

そんなお母さまの悩みにお答えします。

結論

こんなないないずくしのお母さまには
骨格診断とカラー診断がお勧め。

なぜ?

ある程度、歳を重ね、おばさん体形になってしまうと若かりし頃の「何を着ても似合う体」ではなくなってきます。
とはいえ、もう色々な服を探すためにお店を回る元気もないし、試着を何回もするのも面倒。
もう独身の時のようにキラキラしたところに出掛けることもあまりないし。
普段着でいい。けど、あか抜けた感じに着たい。
そしてたくさんの服はもういらない。
自分の服にお金はかけられない。
(子供の教育費がかかりすぎるから)

骨格診断とカラー診断をお勧めする理由は

自分の似合う服の形や色や柄や雰囲気などを知ることで

服購入する時、それらを参考に大きな失敗なく服を選ぶことが出来るからです。

そんなに服にお金を掛けたくないまた場所も使いたくない人にはピッタリ。

骨格診断とカラー診断とは

骨格診断とは

「体の質感」や「体のラインの特徴」からその人の体形を最もきれいに見せるデザインや素材を教えれくれるものです。
ストレートタイプ
ウェーブタイプ
ナチュラルタイプ

の3タイプがあります。

わたしはストレートタイプでした。
日本人に多いのはストレートタイプのようです。
カチッとしてあまり面白みがないので自分がなったらいやだな。と思いましたが。
実際、着てみると体になじむので今は気に入ってます。

カラー診断とは

肌や目の色から似合う色を導き出すものです。

スプリング
サマー
オータム
ウィンター

の4タイプがあります。

色はとても難しくて緑は緑でもタイプによって少しずつ変わってきます。
イメージで選んだ方がいいかもしれません。

スプリング→かわいらしい優しい色
サマー  →さわやかな淡い色
オータム →深みのある色
ウィンター→はっきりわかる色

骨格診断とカラー診断をしてみて

わたしは若かりし頃、おしゃれをしてこなかったのでほんとダサダサです。今でも。

でも、骨格診断とカラー診断をした後は選ぶ基準がはっきりしたので「あれいいな」では買わなくなりました。
結局、買って、タンスにいれても着るときに違和感を感じて着なくなるから。
それより「あの色や形、似合いそう」で試着して買った方がそのあと何回も着てます。

着ない服がなくなりました。

タイプ別に芸能人を分けているのを見たことがあります。
自分のタイプの芸能人の服を特に見るようになりましたね。

とはいえ

そんなのしなくても着たい服着ればいいじゃん。って人もいますよね。
でもね。
自分にしっくりあう服を着たほうが自信もって出掛けられるんですよ。
専業主婦でセーターとGパンでもセーターを自分の似合う色に近いものを選ぶ。
それだけでも、毎日楽しくなりますよ。

骨格診断とカラー診断をするには

本で自分を判断する。

色々本をみたりしましたが今でも見てる一冊。
これ一冊で骨格診断とカラー診断がまとまっています。

実際、お店で判断してもらう。

私は本で勉強した後、お店で判断してもらいました。

本だけではどちらも難しいです。

これかなと思っていざ行ってみると違っていましたし。

一般のお店は高かったのですが大丸のファッションナビを見つけお手軽価格で診断してもらいました。

ただ予約がなかなかできません。

でも一度してもらうと骨格診断は変わることがないと言われています。
そのあと無駄な服を買わなくてもいいことを考えると少しお金を払ってもいいんじゃないかな。
って思います。

まとめ

これはおしゃれなママには必要ありません。
自分にしっくりいく服を知っているから。

それにタイプが決まったからそれにしなければならない。
と気負わなくてもいいと思います。
参考までにくらいの気持ちで。

でも、タイプを知っていて試着すると「あー思った通りあかんかった。」なんてこともあります。

わたしのようにセンスに自信がないママには強い味方になってくれますよ。
タンスをあけて今日も着る服がない。がなくなりますよ。

後、若い人は何着てもいいですよ。
何着ても似合いますからね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
ゆりをフォローする
子育てぽーと

コメント

タイトルとURLをコピーしました