ゴールデンカムイ実写版の感想

以前、子供に連れていかれて映画に行きました。

ゴールデンカムイ

マンガで全部読んでいて面白かったので映画も期待!

ワクワク。

前評判もよかったので、ワクワクが倍

感想

正直、とてもよくできていました。

漫画に忠実なストーリ―

キャラクター作り

俳優さんたちの演技力

みんなの評判通りいいのです。

個人的なキャストの感想はこんな感じ。

杉本はイケメンすぎ。もっとおっさんでいい

アシリパは美少女すぎ。もっと田舎臭くていい

白石・いい感じ

緒方・イケメン間抜け感がGOOD

二階堂・怪しいところがよくでてる

谷垣・イメージ通り

牛山・こんなにピッタリの人どこでみつけてくるん?

土方・申し訳ないですが舘さんは全部「危ない刑事」になってしまう。

鶴見・狂気的な部分をよく演じ切ってる。

最後に鶴見の目力のとこしか記憶に残ってないくらい顔面が強い。

と、総合いいのですが、漫画も捨てがたい。

映画を見た人に言いたい。

続けて漫画を読んでほしい。

うちの子供には言った。

映画は、まだまだほんの最初の方。

これから誰かがあっちの味方に付いたりこっちの味方に付いたり。
今、こいつはどっちのみかたやねん!
わけわからなくなってくる。
それでちょっとおばさんはついていけなくなってしまう。のだが、
どんどん、後が気になって読んでしまう。

おまけにアシリパのお父さんについても気になるし、金塊の行方についても気になるし。

間を飛ばして最後が見たい衝動にかられながら後半を読んだ。

映画は続編をするのだろうか?

同じスタッフでするのなら期待できるがどこを切り取るんだろう。
難しそう。

漫画では最初アイヌ知識が面白い。と思っていたが。どんどん話がでかくなり。

後半、引き込まれたなあ。

是非、大人も子供も。おすすめです。

マンガもね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
教育
ゆりをフォローする
子育てぽーと

コメント

タイトルとURLをコピーしました