大人も楽しいアスレチック。子供は小学生高学年が楽しめるフォレストアドベンチャー秩父

フォレストアドベンチャー入口 お出掛け

夏休み、お子さんをアスレチックで思いっきり遊ばせてあげたいと思っているお父さん。
自然いっぱいの森の中は涼しいですよ。

今回はGWに家族が行ってきたアスレチックの紹介。

その名も

フォレストアドベンチャー秩父。

アスレチックと言っても、子供が遊んで進んでいくのではなく大人も楽しめるほどのスリルがあるやつ。

どの程度の子供なら楽しめるのかどんなところなのかご紹介

場所

行ったのは秩父のフォレストアドベンチャー。

森の中にあるって感じ。

地上より二三度温度が低い感じ。

フォレストアドベンチャー秩父

コテージがあって泊まれたり。
隣にはゴーカードがあって遊べたり。
少し歩くと夏はミューズパークのプールがあったり。
車で少し行くと川で魚釣りができたり。

自然をいっぱい感じたい人にはもってこい。

都内からでも田舎の新鮮な空気を求めてたくさんの人が遊びに来てますね。

どんな内容

なんと設備が木に設置されてる。
そして高い。
ハーネスを付けているので最悪ぶら下がって進むことができる。
高いこところまで行くと木が揺れるのが怖い。
高いところがダメな私にはちょっときつい。

高いフォレストアドベンチャー秩父

ジップスライドは気持ちよさそう。
そうそう、ジップスライドで最後まで行けなかった人もいました。
そんな時は係の人が助けてくれていましたよ。

どのくらいの小学生なら楽しめる?

まず、制限があります。
秩父では小学4年生以上か140CM以上。
子ども3人に対して大人1人一緒に参加しなければなりません。
安全とは言え自分でハーネスを付けて回るシステム。
年齢が幼かったり、身長が低いとこの部分に不安が残ります。
そのため、制限を付けているのだろうな。と。

今回は、大人①子供①子供②子供③大人①子供④の順番でまわりました。

_____

行ったのは

中学生(運動神経ままーよい)
→楽勝。笑いながらすべてをこなす。

小学生高学年(度胸あり)
→楽しんでた。怖いーと大きな声で叫びながらもちょっと楽しそう。

小学生中学年(やんちゃ)
→結構楽しんでた。

小学生高学年(少し怖がり)
→みんながいるので頑張って最後までやり切った。やってる最中は真剣な顔。

大人(二人)
→ターザンロープのようなジップスライドが楽しそうだった。

大人も楽しめる?

子どもたちの前にいたのは男女のカップル。
男の人が怖がって進めず、女の人がスイスイ。
これは、高いところが大丈夫かどうかで行くいけるが関係するっぽい。
アスレチック要素でサクサク行けるかが決まるんじゃなくて、高いところがOKならサクサク行ける。

見学できる?

私は、下から見学。
見学だけも可能です。
料金はかかりません。
子供たちが頑張っている姿を見上げて写真撮り係。

ただ、山みちなんで、地面がガタガタです。

見上げすぎて転ばないように気を付けて。

予約必要?

予約は必要です。

フォレストアドベンチャーのホームページのオンライン予約で予約できます。

カレンダーの空き状況を確認して、行ってみましょう。

昨年の夏は空いているから大丈夫かな。と、ぎりぎりに予約しようとすると埋まってたなんてことがありました。

まとめ

大人も十分楽しめるアスレチック。
お値段はそこそこしますが、活発なお子さんお持ちのお父さんぜひ親子で行ってみてください。
親も子供も楽しめるアスレチックでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お出掛け
ゆりをフォローする
子育てぽーと

コメント

タイトルとURLをコピーしました